コーチの登録について

ドリームコーチングでは「みんながスポーツを楽しむ姿を見たい」をビジョンに掲げ、その具体的な達成手段として「良質なスポーツ体験をデリバリーする」ことをミッションとして定めています。

良質な運動体験の実現にあたっては、技術面および精神面での高度なサポートが欠かせません。
具体的には、「質の高いトレーニングを行う質の高いコーチ」が必要です。
そこで、ドリームコーチングでは、コーチ登録に際して、大きく以下の2つの制度を設けています。

1.既に参加しているコーチによる推薦制度

良質なアスリートは良質なアスリートに繋がっていることが多いものです。
ドリームコーチングはスポーツスキルを自由に売買できるマーケットプレイスである以前に、スポーツを深く理解しその振興を担う人々のコミュニティであるとの考えから、既に参加しているコーチによる推薦によってコーチ候補者の方を事務局に紹介いただく「推薦制度」を取っています。

2.日本テレビによる選考

推薦いただいたコーチ候補者の方は、すばらしい実績をお持ちの方が多いのがひとつの特徴です。
ただし、教える立場でスポーツに関わることによって、競技者とは異なる能力や適性が求められることも確かです。
そこで、ドリームコーチングでは、推薦いただいたコーチ候補者の方に、さらに3つの基準が当てはまるかを事前の「選考」によって確認すると同時に、独自の「講習」の機会を設けることで、実際にスキルを売買するために役立つ情報提供を行なっています。

なお、選考上必須となる大項目は以下の3点です。
選考にあたっては、事前にプロフィールや競技歴などの基本的な情報提供をいただいた上で、直接の面会をお願いしています。
最終的には総合的な視点から、コーチ登録を打診する形となっています。

  1. 前提事項:運動やスポーツに対し肯定的かつ人に教えることに情熱のある方
  2. 技術側面:大学体育会・実業団・プロ以上の技術や知識をお持ちの方
  3. 人的側面:思いやりを持ち適切なコーチングを行える方

これらに加えて、ドリームコーチングではコーチの方々に対して様々なサポートを実施し、スポーツの個人指導を文化にするための活動を行なっております。不明点などはお気軽にご連絡お待ちしております!

閉じる