トレーニングを通して楽しく速くなろう!

大崎 健太 コーチ

大崎 健太コーチ

現役陸上選手、かけっこ&陸上コーチ、大学講師

★★★★★ 0.0 (0)

対応エリア神戸市、尼崎市、兵庫県、大阪府

対応時間平日夕方、土日対応

  • 平日OK
  • 土日OK
  • 早朝OK
  • 夜間OK
  • 全国大会出場
  • 大学体育会
  • 指導者経験
  • 現役選手
  • プロコーチ
気になる 気になる

アピールポイント

・現役の陸上選手として、2021年から日本選手権400mに3年連続で出場し、関西実業団選手権400mでは3連覇の実績を持っています。

・教員免許(中・高保健体育)と日本陸上競技連盟認定ジュニアコーチ資格を保持し、陸上・かけっこ・スプリントについて学び続けています。

・幼児から社会人まで、幅広い年齢層に対してかけっこ、陸上競技、ランニングの指導を行っています。

・各年代ごとのニーズに応じた声掛けや、楽しみながら身体を動かせるプログラムを提供しています。

・かけっこや陸上競技に限らず、サッカーや野球などの球技種目におけるスプリントトレーニングも手掛けています。

・大学では健康フィットネス関連の授業を担当し、スポーツを通じて身体活動の喜びを伝えています。

・大学陸上競技部で選手兼任アシスタントコーチとしての経験があります。

メニュー(5)
口コミ(0)

自己紹介

皆さん、プロフィールをご覧いただきありがとうございます!

私は幼少期からサッカー・バレーボール・陸上競技など、多様なスポーツに熱心に取り組んできました。陸上競技を始めたのは高校生の時で、それまでサッカーやバレーボールをしていた頃から走ることが大好きでした。しかし、陸上の専門的な指導を受ける機会はなく、自分で速く走る方法を模索しながらトレーニングに励んでいました。

身長が高くない私は、体の大きいライバル達と競うために、前後左右のステップワークや緩急をつけて戦っていました。

陸上に取り組むようになってからは、『トップスピードの向上』と『スピードの維持』に焦点を当て、トレーニングに励んでいます。

高校や大学では「とにかくたくさん走って速くなる」というアプローチでトレーニングを重ねましたが、頻繁な怪我に悩まされ、自己ベストの更新が5年ほど途絶えてしまいました。

そこで、大学院や社会人では練習へのアプローチを変更。マーカーやミニハードルを使用したスプリントドリルを増やし、効率的なフォームの習得に努めました。その結果、怪我が減り、練習量を増やすことができ、競技力が向上。学生の頃には出場が叶わなかった日本選手権にも2021年から連続出場を果たしています。

この経験から、効率的なフォーム習得することで怪我のリスクを軽減し、トレーニング量を増やしていく事が『速く強い選手』になるための鍵であると学びました。

現在、指導する選手やスクールでは、単に走り込むのではなく、トップスピードを高めつつ怪我を減らせるフォームの獲得を目指した動き作り(スプリントドリル)に重点を置いています。

選手たちがトレーニングの中で「この感覚が良い!」「速く走れるそう!」と感じてもらえるような指導を心がけています。

運動会や学校、新体力測定等で今より少し速く走りたいお子様、1つでも上の順位。成績を目指す陸上選手、サッカーや野球、ラグビーなど他の球技種目の選手のサポートをさせていただきたいと思います。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

ギャラリー

経歴実績・受賞歴

  • 2013年 東京国体 4位入賞
  • 2014年 U20日本選手権(日本ジュニア選手権) 3位入賞
  • 2017年 関東学生陸上選手権大会 マイルリレー優勝
  • 2019年 関西学生陸上選手権大会 優勝
  • 2023年 関西実業団選手権 3連覇達成
  • 2023年 日本選手権出場
  • 日本陸上競技連盟認定ジュニアコーチ
  • 東海大学 体育学部 競技スポーツ学科 卒業
  • 兵庫教育大学大学院 人間発達教育専攻 修了

トレーニングメニュー(5)

口コミ(0)

口コミがありません